ブログ

人を変える?自分を変える?

チェンジ

こんにちは!

杉澤です。

人を変える?自分を変える?

どちらが良いと思いますか?

効果があると思いますか?

私は以前コンサルを受講していた心理に長けた方に

こう教えてもらいました。

「人を変えるには自分を変えるのに比べて1000倍難しい」

正直今となってはそこまでは思いません。

アプローチ次第かと。

ただ普通に知識がなければ

1000倍もあるかなと。

そうやはり

人が変わる

というのは必要な条件があります。

条件を考えてみます

・必要に迫られている

環境的、心理的に必要と感じると人間は変わろうとします。

病気、

事故、

自分の病気、

親族の生死、

そのタイミングで人生が変わった方多いです。

それはサインですから。

変化できる人の例挙げてみます。

・成長意欲が高い

成長意欲の高い方は自分を変えることを怖がりません。

ある意味プライドが低く素直とも言えます。

こういう人は変化に対して寛容です。

人間は今安定した状態から変えていきたいとは思わない動物です。

ただ変わらなければいろいろと困る事起きますね。

・素直で学び力がある

素直ってすごい能力なんです

(別ブログで書きます)

情報を過不足なく吸収し血肉にできるから。

学び力も応じて高まっていきます。

当然変化、変容にも強いですから

変わる事にこだわりはないです。

自分はどれも当てはまらない。。

と思った方もおられると思います。

その時はコーチの力を借りてみるのも良いと思いますよ。

Follow me!

セッションの案内

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
PAGE TOP